「幸福の科学」信者から受けた勧誘の実際

ここに私が実際に体験した事・感じた事を書きます。

Category [勧誘手口 ] 記事一覧

スポンサーサイト

信者の校長先生だって。

幸福の科学の信者である校長先生が、卒業生に対して・・・。なんていう問題もありましたね。そういうことをやっぱり。相手を想わず自己満足な解釈のもとやってしまうんですね。口では「勧誘の意識はない」と言っても。この事件のことの釈明を。この校長先生は関係者にきちんと行ったんでしょうかね?信じきってしまった子は居なかったのかしら?さぞかし、校長先生を尊敬の念でみていた子達は小さな心を痛めたでしょうね。笑い飛ば...

相手は大好きな人でした

私を宗教勧誘したのは大好きな男性でした。まさか。まさかね。疑心暗鬼のなかでの出来事でした。彼は私の気持ちをしっていた。正直私は。彼がどんなに熱心な宗教家さんであってもそんなのはどうでも良かったんです。許せなかったのは。デート商法の手口で私を騙したから。他の女性にも同じようにやってたみたい。そう解釈出来る内容の話が彼の口からでた時、はっきり分かった。信じてたのに。まさかまさか。第三者からの意見も聞い...

自己責任

全て、何においてもです。「決めたのは自分であり、その責任は自分にある」という考え。そりゃぁ、そうですよ。そんなの当たり前で。じゃぁ、こちらが望んでも居ない信者からの無責任に導かれ放たれた闇から抜け出すにはどうしたらいいのでしょうか?そういう導きをした当事者は逃げるだけで。何も責任を取る事もせず。結局は「自分の立場を確保する」だけじゃないですか。よくかんがえれば「自分が幸せに導いてやろうとおもって頑...

どこに潜んでいるか分からない

宗教との出会いは、どこにあるかわかりません。勿論、自ら信仰先を考え選ぶ人も多くおられるのでしょう。しかし。そうではなく。日常生活において、ひっそりとこっそりと周知させていくという手法を使われていることもあります。職場・サークル・学校関連・子どもの親としての付きあい・習い事・・・・。そういった場となるところは、不特定多数に及びます。「勧誘をしていない」という人ほど、信仰生活に依存しており、それしかな...

具体的勧誘手口

どこかのQ&Aにも同じような事が書かれてありました。その環境と相違がない事を確信した時のショックは計り知れないものでした。①冊子や本を渡し、さりげなく「幸福の科学」を知らせる。②「幸福の科学」というフレーズに抵抗を示さなくなったら、教義について少しずつ日常会話に組み込んで行く。③興味を示すことがあったら、支部への同伴提案。断っても、②に戻るだけ。④支部へ連れて行き、会員とならなくても強制的勧誘はしない。な...

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。